確実な成績アップを狙う|家庭教師は評判を重視して選ぼう

学生

論じる力を付けるために

ウーマン

小論文は、入試や就職などで出題されることの多い問題です。主に評価されるのは、論じる力、説得力、文章の組み立て方などの総合の力です。小論文は、ある一つのテーマが与えられ、それに沿って制限時間以内に一つの論文を書く、というテスト内容になります。テーマはテストが開始されて始めて分かるため、即座に文章を組み立てて論じるという練習をしておかなくてはなりません。どのようなテーマが出題されるかについては、試験によって違います。時事問題に絡めた難しい内容もあれば、小学生でも考えられるようなとても簡単なテーマの場合もあります。どのようなテーマにしても、大切なのはその内容が正しいか、というものではなく、きちんと論理的文章が組み立てられているか、ということになります。この部分が小論文の面白いところで、論じている内容が間違っていたりしても、特に大きなマイナス評価にはならないのです。そのテーマをどれだけ説得力のある文章で論じられているか、ということが最大の評価基準になるのです。この特徴から、小論文の対策はひたすら小論文を書いて慣れることが重要と言えます。様々なテーマを扱っているテキストなどを購入し、まずは数をこなしてみましょう。徐々に文章の組み立て方に慣れ、すらすらと書けるようになってきます。友達同士でテーマを考えて、それに沿って作ってみる、というような対策も良いでしょう。小論文をマスターし、入試や就職試験などを乗り越えましょう。